デンジャラスHな日記

アクセスカウンタ

zoom RSS abingdon boys school ツアーファイナル 幕張公演 レポート 本編

<<   作成日時 : 2010/04/04 18:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ようやくレポート完成しやした


abingdon boys school JAPANツアーのファイナル幕張公演に参戦してめーりやした

20日はすっごい風が強かったよなー
電車が遅延するくらいだし(汗)お陰でライブは30分遅れるし、
ライブが終わってから更に風が強くて電車は運休して2時間経っても帰れないファンが沢山いたし(汗)
参戦したファンの皆さん、お疲れ様でした!

俺はその日、幕張のホテルニューオータニに宿泊したんだけど、
ライブの帰り道、猛烈な風で冗談抜きで飛ばされそうになった
俺らの近くを通った女性グループの1人がウルトラマンのように飛んでいったぞ(笑)
いろんな意味でも思い出に残る1日だったわー

さてさて、本題のライブレポに突入しましょ




■16時半頃 幕張メッセに到着


ホテルから徒歩数分で到着♪

会場の外で数年ぶりにタボフレのハムハムさんと再会!
ちょっとしか話せなかったけど会えて良かったです♪
また地元でライブがあったときにでもゆっくりお話しましょう

初めての幕張メッセ!すっげぇー広い

俺らはB4ブロックのやや前の方。視界良好!!

ステージ上を見てみると、いつものお立ち台に変化が!
いつものクーパーが3つあった
しかも、岸のキーボードのところにもクーパーの前部分が
そのうちギターにもクーパーつけたり…しないよな(笑)

1st a.b.sのワンマンライブの時のようなa.b.sの大旗が無かったのは残念だな〜
大旗カッコよかったんだけど。ちょっと今回は無機質なステージ上という印象。





■nocturne(メンバー入場)


強風の影響で電車が遅れ、開演が30分遅れる。
その間、チラホラと「エービーエス!エービーエス!」というコールが発生
初めてこのコール聞いたけど、まだまだ馴染んでない感じだな
やっぱエービーエス!じゃなくて恵比寿!の方がコールしやすいよな!?(笑)


そしてついにnocturne(入場テーマ)が流れる!


岸、柴崎、長谷川、IKUO、SUNAOが入場!

そして最後に西川が入場!


ってか、なんだあの衣装は(汗)Nephilimのときの衣装をベースとした衣装なんだろうけど…
西川の衣装、ちょっと女子高生みたいな感じ(苦笑)あんまり好きじゃねーな



いつものように円陣を組み、気合を入れる

館内、大拍手!

所定の位置に各々、移動してnocturneが鳴り止むのを待つ。そして…




■STRENGTH.


9月以来のa.b.sライブ…やっぱスゲェー音圧(笑)
どんなにCDで良い音で聴いてても、やっぱりナマには絶対勝てないよな!
ホントそう思うわ。服がビンビン揺れる音圧の衝撃波が気持ちよすぎる

音がクリアーでビックリ!噂では幕張は音が悪いみたいなこと聞いてたんだが…
しっかりと岸のシンセまでバンド音に埋もれることなく聴きとれた!



■Freedom


西川「さあ、来たぜ!幕張ぃーーー!暴れるぞー!



会場「イェーーーーーーーーイ!


9月に初めてFreedom聴いた時よりもパワーアップしてる印象を受けた!
曲が育つってこういう事なんだろうな♪
会場にいる全員、ピョンピョンジャンプしまくり!
会場揺らしてやったな(笑)超・たのしー



曲が終わると…


西川「会いたかったぜ幕張ーーーっ!!


会場「イェーーーーーイ!


西川「泣いても笑っても今日でツアーファイナール!イケるか幕張ー!」


会場「イェーーーーーーイ!


西川「男も女も、近くから来てる人も、そうでない人も…イケるかーー!」


会場「イェーーーーーーイ!


西川「そんじゃ、お前らを信じて行くぞ幕張!」




■HOWLING

CD音源のHOWLINGの重いサウンドも好きだけど、
やっぱライブの音聴いちまったらCDは物足ねーよな(笑)
初めて HOWLINGでヘドバンしてみたけど気持ちいいわー。

そしていつにも増してデスボイスシャウトが多かったな!
最近のライブでデスボイス多用してるせいか、デスボイスの迫力が増した気がした

会場ももう既に熱い!代謝がいいせいか既に汗が滴り落ちる俺(汗)
会場は1万人規模、そして座席有りなのにマジで熱い(笑)




■NERVOUS BREAKDOWN

俺の好きなNERVOUS BREAKDOWN キター!!
俺が好きだからかもしれないけど、この曲になったとき空気がまた変わった気がした。
1stのワンマンの時のNERVOUS BREAKDOWN は熱いイメージがあったけど、
今回は熱さではなくて、クールな印象を感じた。
会場全体で一体化というより、absメンバー全員が魅せてるって感じかな。
これはこれでとってもカッコよかった

曲が終わると…


西川「会いたかったぜ幕張ーーーー!


会場「イェーーーーーーーイ


西川「あまりの興奮に曲中に「来いよ千葉!」って言ってしまった(笑)
   たしかに幕張は千葉だけれど、大きな意味で"ファイナル"だから
東京と言った方が良かったんじゃないか…いや、でも千葉なんじゃないか!?
でもディズニーランドなんて千葉なのに東京ディズニーランドって言ってるし(笑)」



会場「爆笑



西川「この瞬間に出会えて最高です。よく集まったな幕張ー!


会場「イェーーーーーーイ


西川「何度も言うけど今日は昨年から続いたヨーロッパツアー、
   JAPANツアーの…ファイナーーール!



会場「イェーーーーーーイ!


西川「思いっきり、精一杯、しこたま暴れるぞ。イケルかぁーーーー!」


会場「イェーーーーーイ!


西川「イケルかーーーーーー!


会場「イェーーーーーイ!


西川「イケルかーーーーーー!


会場「イェーーーーーイ!



西川「飛ばすぞ幕張ーーー!




■BLADE CHORD


西川「叫べよ!叫べ幕張ーー!


会場「絡みーつく 闇をー切り裂いて〜
 燃え上がーる 鼓動ぉーのようにー!




アッチィーねー

俺にとっては何年ぶりかのBLADE CHORD!
1st ワンマンライブで聴いた以来だから本当に久しぶり!
この曲って捧げなんだな。拳突き上げかと思ってたからノリ遅れたわ(笑)

ちょっと気になったけど、西川、今日は調子悪い感じ!?
2日目だからか声が掠れてた(汗)でもそこは迫力と勢いでこの曲を乗り切った



■and I love…


初めてのand I love !聴ける日を待ってたぜ
想像以上にサウンドが重かった!パネーよ(笑)スッゲー良かった!
特に最後の演奏の部分のバンドサウンドが凄かった!
特に特に!長谷川のドラムがスゴすぎ(笑)バラードだってーのに激しすぎ(笑)
ドドッ!ドドドドッ!ドドドドドドドッ!ドガドガドガッ!
千手観音かと思うくらい高速でぶっ叩きまくってたし(ノ∀`)
さすがベテラン長谷川浩二!惚れ惚れするわー(笑)

長谷川がかなり目立ったけど、IKUOのベースの凄さにも気付いた!
さりげなく凄いことやってたんだなー(汗)

西川、こういう切ないバラード得意だよな。
とても感情をこめて歌ってて、歌力にねじ伏せられた!感動したなー。
本当に凄かったし、上手かったし、誇らしい




■柴崎 ソロプレイタイム


この時にやったのは自分のソロ活動でやってる曲なんだろうか?カッコよかったなー
1st ワンマンライブのときはギターソロだけだったけど、
途中からIKUOのベース、長谷川のドラムが混ざって来た♪
1人でギターソロやるより今回みたいなセッションチックな感じの方が絶対良い!



■PINEAPPLE ARMY


前奏のあのドドドッ!ドドドッ!って長谷川が叩いてるんだな(汗)
てっきりシンセサイザーの機械音で再現するかと思ってたけど、キッチリと生ドラムで再現!



西川「自分の価値ぅぁあぁあぁー!自分で決めるんだぁっ!そうだろ幕張ー!


会場「イェーーーーーイ


ファンと一体化するというよりも、ファン側に訴えるような激しくて熱い1曲だった




■SUNAO ギターソロ


SUNAOの速弾きタイム♪
1stのワンマンライブでも思ったけど、SUNAOのギターはファンを煽るプレイが出来るよな(笑)
そして途中からIKUOのベースソロ!これまた凄い速弾き!
その次は凄まじ過ぎる長谷川浩二のドラムソロ!これまた凄かったわー

異様に盛り上がったソロタイムだった!
ソロタイムでまさか「HEY!HEY!」って連呼することになろうとは(笑)

こうして見てみると、改めてa.b.sは1人1人が主役なんだよな!
a.b.sでは西川貴教のサポートメンバーじゃない。
各々の自己主張がたくさん見れたし、聴けてお得だった(笑)




■Siren


ソロコーナが終わって、その勢いのまま超激しいSiren!
まだリズム隊のソロコーナなんじゃないかっていくらいこの曲は目立ってたな(笑)
西川もそれに負けないように対抗してる感じだった!熱い曲だったなー!

西川「Giving heat when your heart is cold!
   Hoping somehow you can make me whole!
   Just be here I am selling my soul!」


↑この部分全部デスボイスで歌ってたな!そして随所にデスボイスシャウト!
喉ぶっ壊れるんじゃないかっていくらいやってたな(笑)凄かった

この曲の迫力を受けるがままだったなー(笑)




■蒼焔-SOUEN- feat.BASI・サッコン・FUNKYMIC from 韻シスト


曲が始まると韻シストがラップしながら入場!
前奏の部分でヒートアップして客席全員ジャンプしまくり!
俺は通路側だったんだけど、ちょっとでも通路にはみ出るとスタッフが飛んできて引っ込めと押される(苦笑)
スタッフの仕事だから仕方ないが…ちょっと気が散ってしまった(汗)

イナフェス以来の蒼焔は超・カッコよかった!
一気に会場の温度急上昇!マジで熱い!Tシャツ脱ぎたかったわー
この曲って本当に空気が変わるよな。それくらいの威力がある!一気に会場が一体化!


蒼焔が終わると…


西川「紹介します。BASI!サッコン!FUNKYMIC!」

会場「イェーーーイ!


西川「ちょちょちょ…(韻シストを中央に呼び寄せる)。 ねぇ、何かやって」


会場「爆笑(西川の無茶振りに爆笑)」


※韻シストのボイスパーカッション

※客席を温めて退場


西川「こうやってこのステージ上がれてるのも、ああやって来てくれる奴(韻シスト)とか、
   こうやって来てくれる奴(ファン)のお陰です。ありがとう!
   まだまだ中盤戦なんでしみったれた話は止めておいて、
   暴れたいと思います…良いかぁ!?」



会場「イェーーーーーイ


西川「せっかくなんで余計なこと忘れてみたり、一枚脱いでみたり…」


会場「


西川「いや、良いんだよ。表側を脱がなくても、下のほうを脱いでも(笑)」


会場「爆笑


西川「そんじゃ、コイツのDJで揺らしてくれるんじゃねーか!?イケルかTK!!」




■Gold Eclipse(岸 solo)


1st ワンマンライブのときのソロを静とするならば、今回は"動"って感じかな♪
シンセサイザーとドラムの競演!岸がイキイキと演奏してた。
やっぱライブって目と耳で楽しむもんだよな!演奏者側の動きて本当に大事だと思った




■Valkyrie


Gold Eclipseの勢いのままvalkyrie!!


西川「揺らせ幕張ーーーー!


会場「イェーーーーーーイ!


イナフェスのときも思ったけど、本当にこの曲はライブ映えする。
CD 聴いてるだけだと「ライブではこれくらいな」と思ってると、
ライブだとそれ以上のクオリティー!
音はもちろんだけど、この曲は特に西川の歌がライブではガラっと変わるな!

最後の間奏の長ーーーいブレイクを初めて経験したけど…本当に長いのな(笑)
まるで時間が止まったかのようにピタっとメンバー全員がストップ(ノ∀`)



曲が終わると…



西川「ちょっと良いですか…すっごい楽しいです」


会場「イェーーーーーーーイ!


西川「デビューして3年くらいでまさかこんな大きい会場でライブ出来るとは思ってなかった。
   今日集まってくれて本当にどうもありがとう。」



会場「拍手


西川「俺らは皆との繋がりを大事にしたかったからずっとクラブハウス規模のライブをやってきた。
   今回みたいな椅子のあるような会場はもっと先のことなんじゃないかと思ってたんだけど、
   せっかくのこのタイミングだからこそ一度やってみようと思った。
   今、この景色(ビッシリ埋まった会場)を見れてる瞬間が…最高ーー!




会場「イェーーーーイ!


西川「まだ終わってないんだけど、ここでやって良かったなって(笑)
   終わってから数時間後に言えって感じだけど、先に言ってしまいました(笑)」


会場「笑」

西川「ちょっと思い余ってしまいました…
   皆も(メンバー)そうだと思います。(柴崎を見て)あれ?違う?(笑)」


会場「笑」

柴崎「さいこーーーでーーす(棒読み)」


会場「爆笑


西川「もっとさぁー…今日一番のサイコーです!みたいなのないの?(笑)」

柴崎「さいこーーーでーーす(棒読み)」


会場「


西川「そうだね(笑)ひろしの最高潮は常に一緒だもんね(笑)」

柴崎「んーーー…伝わらないの?(笑)」


会場「爆笑


西川「そんなことないよ、分かる分かる(笑)そうじゃないけど…今日楽しんでるのかな?って」

柴崎「もちろん楽しん出るよ(汗)」


会場「イェーーーーーーーイ


西川「じゃー、これまで最高だったものと例えるとするとどの位??」

柴崎「・・・・・・・・・・・・・」


会場「爆笑


西川「ハハハハ!!(作り笑いしながら柴崎をフォロー)うん、比べられるものなんて無いよね?(笑)」

柴崎「それくらい最高です!」


会場「イェーーーーーーイ


西川「後半は誘導尋問だったけど(笑)それではこの方!(岸)」


会場「岸さーーん」「利至ーー!!」


岸「千葉県からやって参りました岸利至です」


会場「イェーーーーーーーイ!


西川「ヨッ!歩くエロサイト!」

岸「うっせぇー(汗)皆さん忘れて下さい」


会場「


岸「皆、今日はどうもありがとう!すっごい気持ちイイです!」


会場「イェーーーーーーーイ!

岸「こういうデカイところでライブするのは夢だったよね。
  この景色見て"サイコー"っていうよりも、じんわりと来ちゃってる。本当にどうもありがとうございます。
  どうせならもっと大きいところでライブやりたいよね!良かったら付いてきて下さい。」



会場「イェーーーーーーーーーイ!


西川「ん?何だよ(SUNAOを見つつ)」

SUNAO「いやーありがとうございます(笑)さっき、ほら…
柴さんの時にこの光景を例えると何?ってやってたじゃん?」


西川「まーね(睨みながら棒読み)」


会場「


SUNAO「(ノ∀`)いやいや、もうーこの光景、
     例えようが無いです。もう最高!ここ最高!今日一番です(笑)」



会場「苦笑」

SUNAO「もうー興奮し過ぎて、歩く度に躓いてます(汗)
     自分ではピョンピョン跳ねてるつもりなんだけど、身体が追いついていかない(笑)
     それくらい楽しいです!」


会場「

西川「… と、いうことで(笑) とりあえず、ここからは先は
   頭で考えるのはやめて思いっきり思いっきり出していこうぜ…
   イケルかーーーーーー!


会場「イェーーーーーーーイ


西川「イケルかーーーーー!


会場「イェーーーーーイ!


西川「そんな最高なヤツいこうぜ、イケルかTKー!」




■Fre@K $HoW


マジでサイコー!会場に火がついたかのように温度が急上昇
この曲は特に会場が一体化した気がしたな!ライブには絶対に欠かせない1曲!
前奏、間奏で激しくヘドバンするのが超・気持ちいい〜

西川の歌は超・攻撃的!

間奏部分のバンドソロは更に凄かったなー!短時間に自分が!自分が!っていう感じがたまらん(笑)
俺らの周りに長谷川ファンが多かったせいか、長谷川のドラムプレーに絶叫してたな(笑)




■潮騒

この曲が好きな人には申し訳ないけど、ノレなかったな。
ライブで化けることを期待してたけど、残念ながら
こんな事は初めてだ。自分でも残念。決して嫌いなわけじゃないんだけど。



■JAP

もちろん手拍子からのスタート!
正直、ここまでデカイ会場で演じる側と客の一体化はどうなることかと心配したけど、
今日何度も一体化してる瞬間を感じれることが出来た。もちろんこの曲も!超・熱かったな
シングル曲では一番暴れることが出来る曲だな



■INNOCENT SORROW


JAPが終わると直ぐにイノソロ!

西川「歌え幕張ーーーー!


会場「Don't cryー!壊れそうなほど抱きしめたらー
 
西川「君が震えていた Oh〜!
  そっとぉー!翳す掌にー触れてみせてぇえぇえぇ 
   Never... Until the endぇえぇえぇえっ!



間奏では会場全体で「HEY!HEY!HEY!」の大合唱!!

やっぱライブのイノソロは最高だ。ホントに成長したよなーこの曲。
本編で一番熱い瞬間だった!




■キミノウタ

柴崎のギターが鳴り響く中、いつもだと西川が感謝の言葉を発するんだけど
珍しく無言。感極まっていたんだろうか。じっと真っ直ぐ見ていた…気がする(え)

特に感情を込めて歌ってたな。
特に「出会えたからぁー!」の部分が強調されてた。
熱く、情感たっぷりの本編ラストだった


アンコール編へ続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
abingdon boys school ツアーファイナル 幕張公演 レポート 本編 デンジャラスHな日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる