デンジャラスHな日記

アクセスカウンタ

zoom RSS abingdon boys school ツアーファイナル 幕張公演 レポート アンコール編

<<   作成日時 : 2010/04/04 18:10   >>

トラックバック 0 / コメント 2

本編を見てからこの記事をどうぞ。



■Desert Rose (アンコール)


一度、ステージ袖に下がるメンバー。

その間、メンバー全員の名前を会場にいる全員が絶叫して再登場を待つ。

メンバー達が再登場すると、聴き慣れない前奏が!!!

衝撃的だった!まさかこの曲がこんな風に化けるなんて!
ダントツこの曲が俺にとって今日一番印象に1曲だった

序盤がアコースティックver、2コーラス目のサビから通常のロックverとなっていた
通常verなんだろうけど、いつもよりもバンドサウンドが荒々しく迫力があったように感じた!
そしてなんと言っても西川貴教!凄かったわー(笑)
序盤はバラードらしく優しく歌い上げ、通常verになった瞬間の歌い方をガラっと変わるあの迫力…
ホントに表現力、歌唱力スゲェーなー!超・シビれた1曲だった!これCDに収録してほしいなー



■ドレス

キターーー!a.b.sの中で上位に来るくらい好きな曲!
また聴けるなんてマジで嬉しかった★

「今ぁ〜二人思い出せずぅーーにぃーいぃいぃいぃ」

「退屈な歌〜にぃ 耳を〜傾け〜」

あれ?西川じゃない声が聞こえたような…


キターーーー!本家がキターーー!!悪魔がキターーー!


画像



BUCK-TICKの櫻井敦司、襲来!!



会場「ウォーーーーーー!



地鳴りのような、悲鳴のような歓声が上がった!

ついにこのコラボが!!もうこれだけでも幕張に来た甲斐があった(笑)

柔(櫻井)と剛(西川)のドレスは凄かったなー!

櫻井「忘れないでぇー 愛あふれたあの日々ぃいぃ
   君の顔も 想い出せずぅーーにぃー」


西川「いつかー 風にかき消されてゆくだろぉおぉお
    今は二人ぃいぃ 想い出せずぅーーー…」



櫻井&西川「OHーーーーーーっ!


櫻井&西川「僕はなぜぇえぇ 風の様に雲の様にぃいぃ
        あの空へと浮かぶ羽がなーーいぃいぃ なぜぇー
        星の様にぃー月の様にぃいぃ 全ーて包む
        あの夜へと沈む羽がなぁあぁいぃいぃ  AH〜〜ぁあぁあぁあぁあぁあぁあぁっ!」



最後のサビは本当に圧巻!本当に贅沢な1曲だった!最強のコラボだった!!

歌い終わると、ドレスの演奏が終わる前に櫻井は一言も発せずステージ袖に戻っていった
話さなくても凄いオーラまさかのサプライズに曲が終わってからも騒然としている館内(笑)
騒然としてるってこういう時に使うんだなーって、この時思った(ノ∀`)

騒然としてたファンが我に戻り(笑)、拍手!





■少年(黒夢カバー)


西川「本当に沢山の協力があってココに立ててると実感します。ありがとうございます!」

会場「拍手」

西川「まさか…お願いを聞いてくれる人もいたりして(櫻井)…絶対来てくれないと思った(笑)
   そしたら今日来てた(笑)…サイコーーー!



会場「イェーーーーイ!」「あっちゃーん!」


西川「3年間の感謝をここに居る皆に、ここに来れなかった人たちに届けたいなって。
   自分たちらしいやり方でその気持を届けようと思います。
   もう一曲、尊敬とリスペクトの気持ちをこめてこの曲を…
   僕の友人に届けます!清春くんへ…。少年!!」



昔流行った曲らしいよな?俺は実はこの日初めてこの曲を知った。
高校の頃はまったくと言っていいほど音楽に興味なかったしな(ノ∀`)

この日も全然予備知識がなくてとにかくハードな…ヘビメタっぽい感じで
「狂ってるぅうぅぅ」「いつまでもーーーぉおぉおぉお」くらいしか分からんかった(笑)
あと、デスボイスシャウトがめちゃくちゃ多かったな!「Fuwaaーー!」ってやつ。
a.b.sの少年は凶暴な「少年」だった(笑)

西川、やたら力んで前のめりで歌ってるなーって思ったら…カンペ見てたな(笑)
前のめりになって歌ってるときはカンペ見てるんだな(え)

最近、原曲聴いたんだけどなかなかいい曲だな。
きっと昔聞いてたら受け入れられない曲、ジャンルだったはず。
今は受け入れられる。良さが分かるようになったっていうか。
そんだけロック好きになってんだなー俺(ノ∀`)

きっと3rd アルバムにはこの曲が入るんだろうな♪


曲が終わり、ステージ袖に引っ込むメンバー。

メンバーが出てくるまで「a.b.s!a.b.s!」コールで登場を待つ!




■MC ※アンコールその2


西川「もうちょっとやっても良いですか」

会場「イェーーーーーーイ!

西川「今日は風が強くて電車が止まったり…ま、俺のせい?」


会場「


西川「それで、そのせいで開演も30分くらい遅れてしまったけど、
   って言っても5時半スタートじゃまだイケるでしょ?」



会場「イェーーーーーーイ!



西川「あのー…魔王じゃないや(笑)櫻井さんが来てくれたり(笑)
   ホントに有り難い事ばっかりです!人生捨てたもんじゃないです!」



会場「イェーーーーーーイ!(笑)


西川「元気があれば何でも出来る!」


会場「イェーーーーーーイ!


西川「元気があればステージ悪魔(櫻井)だって呼べる(笑)」


会場「イェーーーーーイ(笑)


西川「本当に皆さんのお陰です、ありがとうございます。
   ヨーロッパツアーが出来たり、こんなところでライブが出来たり…。
   良い歳こいてバンド結成した時なんか周りのヤツらはさぞやバカにしたくせに。
   なんで今更そんなことすんの?とか、無駄じゃんとか…
   死ねば良いんだよそんな奴ら!



会場「イェーーーーーーイ!(笑)


西川「無駄なことなんて何一つないんですよ。っていうことを証明していきたいと思います。
    やり続けてればきっと何かが見えると信じてこの3年間やってきました。
    この景色を見れているのもここに集まってくれている
    皆のお陰だと思います、ありがとうございます。」


会場「拍手


西川「そして、加齢と闘いながら頑張ったメンバーの皆さんの功績ですよ(笑)
   皆、ちょっとづつお腹が出てきてるけど、今年の夏に耐えられるボディーになってね(笑)
   サッとTシャツを脱ぎ捨てられるボディーでいようね!
   だから…岸くん、乳首の毛はなんとかしよう?(笑)」


岸「いや、これが好きな人もいるんだよ、自然が一番(笑)」

西川「あ、好きな人もいるの!?さすが切り返しが違う!さすが歩くエロサイト!(笑)
   ナチュラルビューティーだね(笑)……SUNAOさん。※SUNAOを睨む
   岸くんのはフサフサじゃない?ハレー彗星みたいな、ひまわりみたいな。
   アンタ1本しか生えてないじゃん!(笑)1本なんて要らないじゃん!」



会場「爆笑


SUNAO「いや、コレがないと落ち着かないんだよ」

西川「毛がないと何か身体に変調をきたしたことあるの?」

SUNAO「…いや無い」


会場「


西川「ま、良いと思うよ(苦笑)話は変えて今年なにかやりたい事とか誰かある?宣言しようよ」

SUNAO「あ、俺ある!※西川がにらみを利かせる」

SUNAO「「球技のスポーツがやりたいな」

西川「じゃーSUNAOさん、ドリブルの真似してよ(無茶ブリ)」

※適当なバスケのドリブルの真似をするSUNAO


会場「苦笑


西川「他にだれか無いの?…ねぇ、岸くん」

岸「無いです(苦笑) 夏になったらやろうとかじゃなくて、明日やれば良いんじゃないの!?」

会場「Fuuuu〜〜♪


岸「かと言って、何もやりたいことないですけど(笑)」

西川「なんでだよー。今まではアメリカ経由でエロ動画見てたものを、
   今度からヨーロッパ経由で見ていこうとかさぁ…(笑)」


※うなずく岸

岸「そうですね!健康的に生きようかなって思います!」

西川「も〜…身体に関わる話しか出てこないからなー(苦笑)」
   
    
西川「自分たち、このバンドを結成する前にこんな事をしようぜ!とか思ったこととか
    本当にスタートラインに立てた感じなんです。
    これから先どんなことが出来るか分からないけど、
    でも、それに向かって精一杯やるしかないと思ってます。
    どれだけ時間かかるか分からないけどずっと付いてきて下さい。」



会場「拍手


西川「精一杯きもち込めて思いの丈を贈りたいと思います。
   今日集まった皆、これまで出会えた人たち、そしてこれから出会える人達へ…この曲を」





■From Dusk Till Dawn


そしていきなり始まったアカペラver!(このフレーズ以降は通常ver)

西川「僕らは そう Day by Dayーー 明日へぇえぇ 続く道の途中でぇえぇ
    Now Say It Againーー 君とふたりのまま 居られたならいいのになぁーあぁあぁあぁあぁ」


西川が念願のバンドを結成してから約3年。
MCでも言ったように、その思いの丈の全てをこの曲にぶつけて歌ってるように感じた。
バンドを続けていられる喜びと、関わった人たちへの感謝が溢れてた。
この曲はホントに良いなー。温かくなる   



■Sweetest Coma Again


From Dusk Till Dawn が終わると直ぐにこの曲へ!
イントロ中、慌てて西川はギターを装備!

2年ぶりに聞いたけど本当に激しいよなー!
前の曲がミディアムテンポだったから余計に感じる

これが噂のギター回しってやつですか(笑)
たしかにギター回しまくってた(ノ∀`)3回やって3回とも成功してやした(笑)
あんな綺麗にクルっと回るもんなんだなー!初めて見たわ
成功する度に大歓声が上がってたっけ(笑)

そして最後の…

「コーーーーーぉぉおぉお…マッゲーーーーえぇえぇえ ン!(coma agein)」

めっちゃカッコよかった!




■アテナ


西川「これまで歩んできた道とこれから先見えるものに思いを込めてラストにこの曲をー!」

噂では本来、この曲でラストじゃなかったらしい。
強風のため開演時間が遅れてこの曲の後にやるはずだったstay away はカットされたとかしてないとか。
某掲示板ではDesert rose に入る前のギターソロ中に西川の怒鳴り声が聞こえたとか。
もしかしてスタッフから1曲カットを告げられて怒ったのかなーなんて(苦笑)

何度も「僕がぁ!応えになるからー!」を叫んでたのが印象的。
最後の方は演奏時間のせいで「僕がぁー!」で終わってしまったな(笑)
でも、この曲が最後で良かったと思う。丸く収める力がこの曲にはある感じ。



■最後の挨拶


西川「紹介します!ドラムス、長谷川浩二ーーー!」


会場「イェーーーーーーイ!


西川「IKUOーーーーーーーー!」


会場「イェーーーーーーイ!


西川「DJ!岸利至ーーーーーー!」


会場「イェーーーーーーイ!



西川「ギター 柴崎浩ーーーー!」


会場「イェーーーーーーイ!


西川「and ギター SUNAOーーーーーー!!」


会場「イェーーーーーーイ!


岸「ヴォーカル 西川貴教(小声)」

西川「ダメ!そこちゃんと言う(もっと大きい声)はい、もう一回!

会場「爆笑


岸「ヴォーカル!西川貴教!」


会場「イェーーーーーイ!


西川「そして…謹んで今一度ここに悪魔を紹介します…櫻井敦司ー!


強烈なオーラで袖から出てきて中央に並ぶ櫻井氏


会場「うぉーーーー!!



※櫻井と西川が中央で抱き合う


会場「イェーーーーーーイ!



西川「改めて本当にありがとうございましたーーー!!」


会場「拍手


西川「また会おうぜーーーーーー!


会場「イェーーーーーーイ!



西川「イナズマ(イナフェス)で会おうぜー!
    (イナフェス)今年もやります」



会場「イェーーーーーーイ!




---------------------------------------------------------



このライブからもう2週間は経ったんだけど…はやいもんだ(汗)

1st の時はワンマンライブしてくれただけで満足だったけど、今回は冷静に見ていた部分もあった。

もしかしたらコレは俺たちファン側の問題なのかもしれないけど、
暴れたけれど、暴れきったー!!っていうものがちょっと足りないんだよな。
もっと暴れたい!もっとステージと客席が一体になって暴れきってみたい。
それがどんな会場であろうとも。

昔なら参戦しただけで大満足だったけど、ここ数年ライブに参戦できるようになって
感じ方も変わってきたな。まさしく「欲望もLEVEL 上げれば…」ってやつだな(笑)

でも、a.b.sのステージパフォーマンス、演奏に拘りを感じた。
イナフェスのときよりも更に堂々とやってて誇らしかった!こんな短期間に変わるもんだよな〜!
もちろん最高なライブだった!満足出来なかったわけじゃない。
ツアーファイナルに参戦できて本当に良かった!
ずっとa.b.sを応援します!共に成長しようじゃないか!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

ライブレポ読ませて頂きました^^
雑誌の冷静なレポもいいですけど、私は熱の入ったおデンさんのレポ好きですね〜↑↑
あの興奮がよみがえって来ます・・・!!
もうDVD化を今か今かと待っております(σ゚∀゚)σ

ちなみに、今ツアーのベストライブは新潟と広島じゃないでしょうか。
両方とも初上陸ってせいもありますけど、こういう小さい箱におデンさんを召還したいものですヽ(・∀・)ゝ
あとこのツアー、ライブ終了後にメンバーさんがホント残ってファンと絡んでくれるようになったなーって思います。
完成されてるんだけど成長するバンド。いや恐ろしい。本当もう離れられんす(^^;;
次はイナズマですかねぇ・・・個人的にはマッチアップがあるのかないのかヤキヤキモキモキしてるのですが・・・

私事ですが、先週京都に引っ越してきて専門に通いだしてます。
引越し前には仲良くなった整体の先生と飲みに行って「独立しないと食べていけないからさぁ、今開業準備してるのよ」なんて軽い業界裏話を聞いたりなんかして。「手に職系は厳しいんだから覚悟しなね!!」と激を飛ばされてきました。
きっとおデンさんも同じように戦ってらっしゃるんだろうなと思います。
お体に気をつけてお互い頑張りましょう(^-^)
もえごろう
URL
2010/04/15 18:38
■もえごろうさんへ

お久しぶりです(o^−^o)
お褒めの言葉ありがとうございます♪レポを書く原動力になりますよ!はやくDVDにして欲しいですね!幕張公演だけじゃなくて、映像荒くてもいいから他の地方公演も収録してほしいなー♪

いろんな人の感想見てると、もえごろうさんが言うように新潟と広島公演は一番凄かったみたいですね!俺も新潟に行けば良かったー(汗)きっと興奮しすぎて昇天しましたよ(笑)やっぱスタンディングのライブは一体化になりやすいですね!座席有りは楽で良いけど…でも席なしの方が良いなーなんて(笑)
俺はイナフェス以来のa.b.sのライブだったんですが、完成度がここまで違うのかとビックリしましたよ!まだまだ成長してくれますよ!今回のライブは1人1人が主役!って感じが存分に伝わりました!常に成長型であってほしいですね!ぶっちゃけ、ミュージカルをするならa.b.sの活動をして更に飛躍してほしいなと思ってるのは内緒(ノ∀`)
マッチアップ、あるんじゃないんですかね!?でもイナフェスの準備で忙しいかな(汗)

お!京都に引越しされたんですか♪慣れない環境で大変だと思います。またストレスが溜まったらライブで発散させましょう!そうそう、整体のような手に職系は色んな意味でも厳しいです(苦笑)簡単に言えば、バンドと同じですよ。同じ志を持った人たちが同僚であれば良いけど、皆それぞれ考え方が決定的に違ったりすると自分の理想とするものが出来なかったり…。葛藤との戦いです(汗)ブログ記事には書いてないんですが、考えた挙句、俺は出張整体だけで現在は活動してるんです(o^−^o)もしかしたら今のほうが大変かもしれません。でも大変だけど、理想としていた整体が思いっきりできるので充実してます!もえごろうさんも初心を忘れずに目指す場所まで頑張って突き進んで下さいね♪応援してます!
おデン
2010/04/15 21:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
abingdon boys school ツアーファイナル 幕張公演 レポート アンコール編 デンジャラスHな日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる